この記事を読む

アメリカからラット用品を個人輸入をしよう!

ファンシーラットのグッズはアメリカ・イギリスが一番豊富に流通しています。 ペレットをはじめ、プラスチックのシェルターや日本では買えないカラーのスプートニクなど…。 輸送費の関係でイギリスからのものは結構高くつきますので、どちらかといえばアメ…

この記事を読む

ラットにとって回し車がマストアイテムではない理由と回し車の選び方

「ラットは回さない」なんて意見も多く、回し車を設置していない飼い主さんも多いことでしょう。 なぜ日本でそうなったのかは分かりませんが、世界的に見てみれば設置しない傾向のある理由があります。 Wheel Tail(ホイールテール)とホイールの…

この記事を読む

ファンシーラットの救急箱

急にラットが怪我をした!でも、今は深夜!病院はやっていない! そうなった時など、家庭で手当てをしなければいけない時があるかもしれません。 いざ!というときにどう応急処置をすればいいのか、何をそろえておけばいいのか、知っておくだけで大変助けに…

この記事を読む

なぜラットにはプラスチック製品が良しとされているのか

いわゆる一般的なげっ歯類であれば、齧ってしまい腸閉塞の危険もあることから避けたほうが良いとされているプラスチック製品。 しかし、ラットにはその法則は当てはまりません。 なぜ、プラスチックが大丈夫なの? 他のげっ歯類に比べて圧倒的に破壊活動が…

この記事を読む

照明の明るさと赤目の網膜障害

みなさんはなぜ瞳の色が明るくなったり暗くなったりするか、ご存知でしょうか? 虹彩と呼ばれる部分には通常メラニン色素が存在し、その割合が多くなったり少なくなったりすることで色味にバリエーションが付きます。 ラットに関してはメラニンが多い順に黒…

この記事を読む

ラットの痛みのサイン一覧表

タイトルの通り、「ラットの痛みのサイン一覧」を翻訳してまとめました。 これを知っておけば、病気の早期発見・異常への一早い気づきになるのではないでしょうか? 海外のフォーラムにも頻繁に引用されるページですので、信頼度は高いものだと思われます。…

この記事を読む

ファンシーラットはアレルゲン

「可愛い」「飼いやすい」などのポジティブな情報が先行しやすい中、実際にお迎えする事を計画するのであれば知っておかねばならないネガティブな情報というものは存在します。 その中の一つに「ラットアレルギー」があります。 飼った後で後悔しないために…

この記事を読む

ファンシーラットをお迎えしたら、いつから触っていいの?

よく動物をお迎えした初日は「薄暗くしてソッとしておく」と言われるものですが、実はファンシーラットの場合はその限りではありません。 なんと、ファンシーラットはいきなり触ってOK もうそれこそ小動物の概念をひっくり返すと思うのですが、ファンシー…

この記事を読む

ファンシーラットとニンニク

小動物のみならず、ほとんどの動物において厳禁とされている「ニンニク」。 ニンニクはユリ科ネギ属の植物であり、赤血球を酸化させて溶血性貧血を引き起こす硫化アリルが含まれています。 こちらの記事を見て、あれっと思われた方もいらっしゃるのではない…

この記事を読む

ファンシーラットは臭いのか?

ペットを選ぶ基準として「臭い」があるでしょう。 果たして、ラットは臭いのでしょうか? ラット自体は甘い人工的な香りがする 知らない人は驚くかもしれませんが、なんと成人して健康的なラットは「ファンタグレープ」のような人工的な甘い香りがします。…