うちのねずみたち

年長組

  • 奏くん(15.11.15誕)-生後一ヶ月ごろお迎え
    ライラックハスキーバークシャーダンボレッキス

おっとり天然ガッチリ舐めラット一世。
圭くん大好きベタベタねずみだったが、ベタベタしすぎてキレられて以来圭くんの尻に敷かれっぱなしになっている。
狙っているのか偶然なのか、笑えるような事を良くしてくれるボケ担当。
可愛い時とブサイクな時の顔面のギャップが凄い。

  • 圭くん(15.11.10誕)-生後二ヶ月ごろお迎え
    ブラックハスキーバークシャーダブルレッキス(スキニー)

我が家のボス。
スキニーらしく?気が強いが、ちびっ子には優しい兄貴肌。
お迎え当初はめちゃくちゃビビりで、少し物音を立てると飛び起きてしまう程だったが、成長と共にどんどん図太くなり今ではすっかり多少のことでは動じなくなった。
魅惑のモッチリしっとり肌。

年中組(短頭飼い)

  • ニコちゃん(16.01.28頃誕?)-生後十一ヶ月ごろからトライアル

大阪にてマンションに置き去りにされていたところをNOAさんに保護される。
その際、一緒に保護された「ペコちゃん(後日補完)」という女の子の相方がいた。

我が家一のイケメン。
しかも、カメラを向けるとポーズを取り、カメラを動かすとちゃんと顔をカメラに向けるというモデルっぷり。
ずっと一人で過ごしてきたため、どうしても他のラットが怖い。
ビビリちゃんのかまってちゃんの甘えん坊。ガッチリ舐めラット二世。我が家一の芸達者。

年少組

  • 悠くん(16.10.24誕)-生後一ヶ月ごろお迎え
    ロシアンブルーキャップド(スポッド付き)マンクスレッキス

ブルーとシャムの両親から生まれた突然変異マンクス。触診の限りでは尻尾の骨は完全にないと思われ、本来尻尾のあるところには僅かに皮膚がついている。

黒目なのに時折首振りをするほどには臆病。
尻尾がないからなのか、他の子達とは明らかに動きが違っていてとてもアクティブで小回りが利く印象。ごめん寝をしようとすると身体が短いからか一枚目のようにどうしても横になってしまう。
末っ子気質で甘え上手。奏くん似のやさ男。
オムツをはいているようなシルエットに見えるため、「パンパース」というあだ名がある。最近は「ぽんぽん丸」と勝手に呼ばれている。
仲良しのペアの晶くんには強気でよくマウントをとっている。

  • 晶くん(16.10.20頃誕)-生後一ヶ月ごろお迎え
    アルビノ(Pink Eyed White-PEW)

赤目なのに全然物怖じせず、友好的で行動力のある性格。首振りも今のところ一度も見ていない。
うちのねずみたちの中でなぜか一番触り心地が柔らかい。ふわふわのまさに苺大福といった感じ。あまり筋肉質ではないのかも。
生後一年、我が家1のおデブ丸になる。同じご飯をあげているはずなのにここまで体格差が出るのは個人的に初めてで飼い主びっくりする。
圭くん程ではないが、自立型の性格でしっかりしている。しかし、マウントは悠くんにとられる。
ペアの悠くんにはめっぽう甘く超のつく仲良し。